JFC-400

試料容器:12ml

新機能
・設計変更により粉砕時の騒音が従来機(JFC-300)より約20%低減しました。
・前面扉はフルオープン設計を採用。作業性が向上しました。
・シンプルで使いやすいコンパクトタイプ

優れたコストパフォーマンス
振動を抑えた設計と、上下振動方式により、液体窒素消費量が少なく経済的に。

誰でも簡単に
誰にでも使える簡単操作。メンテナンスも1年に数回潤滑油をさすだけでOK。
-概要-
一回に最大3gの粉砕が可能です。


-標準容器で粉砕可能なポリマーとその量の事例-

  ポリマーの種類
粉砕可能量
  JFC-400 JFC-2000  
   PS、HIPS、LDPE、PP、PMMA、
   EVA、ABS、P(S-AN)、Nylon6、
   NylonMXD6(K₂TiO₃,30%)、
   PPS、PPS(Galss Fiber,40%)、
   ポリアセタール、硬質PVC、PTFE、
   PEEK、シリコーンゴム、軟質PVC、
   プリント基板、加硫IIR、セルローズ、ダイヤなど
 12mL
試料容器
75mL
試料容器
120mL
試料容器
3g 15g 50g
   HDPE、PCなど   1.5g  7.5g  25g

※標準的な粉砕条件(予備冷却10分間後、10分間粉砕)で粉砕した場合
※上記に記載したポリマーでも、粉砕できないものもございます。
事前にテスト粉砕をお勧めいたします。


-仕様-
JFC-400
   粉砕方式     垂直往復動方式
   往復回数     50Hz時 約1,250rpm
  60Hz時 約1,450rpm
   試料容器     内容積12mL(ステンレス製)
   質量     33Kg
   寸法       (W)260×(H)415×(D)300mm
   粉砕時の騒音(参考)     56dB(当社測定値)
   安全装置     ドアインターロック




 日本分析工業株式会社
 〒190-1213
 東京都西多摩郡瑞穂町武蔵208
 TEL 042-557-2331 FAX 042-557-1892