HOME | 製品情報 | 熱分解装置 | JHI-08+オートサンプラー

JHI-08オートサンプラー

JHI-08オートサンプラー

お待たせしました。パイロホイル&試料カップ両用のオートサンプラーの登場!

お待たせしました。パイロホイル&試料カップ両用のオートサンプラーの登場!

オートサンプラー APC-50
 
パイロホイル及び試料カップのオートサンプラーです。JHI-08の熱分解炉上に取り付ける事で、最大50検体のオートの分析が可能になりました。
熱分解炉からの着脱も容易におこなう事ができます。パイロホイル及び試料カップの排出は永久磁石による排出機構を採用しました。この機構は、サンプルの排出にヘリウムを使用しない為、ヘリウム消費量を抑える事ができます。
 
特長
既設のJHI-08(マニュアルモデル)に、オートサンプラーAPC-50を搭載する事ができます。
 
試料をセットするターンテーブルが2種類付属しており、パイロホイルのオートサンプラーにも、試料カップのオートサンプラーにも対応します。また、試料数は最大50検体に対応します。
 
 仕様

APC-50 パイロホイル&試料カップサンプラー
 最大試料数 50検体
 試料導入方式 ターンテーブル式
 試料排出方式 永久磁石による排出
 エアーパージ機構 電磁バルブによるオートパージ機構
 寸法/重量 JHI-08熱分解炉を含んだ設置寸法
175(W)×662(H)×265(D)mm/8Kg

 
 
 
 
JHI-08+オートサンプラーAPC-50を搭載

オートサンプラー APC-50
 
パイロホイル及び試料カップのオートサンプラーです。JHI-08の熱分解炉上に取り付ける事で、最大50検体のオートの分析が可能になりました。
熱分解炉からの着脱も容易におこなう事ができます。パイロホイル及び試料カップの排出は永久磁石による排出機構を採用しました。この機構は、サンプルの排出にヘリウムを使用しない為、ヘリウム消費量を抑える事ができます。
 
特長
既設のJHI-08(マニュアルモデル)に、オートサンプラーAPC-50を搭載する事ができます。
 
試料をセットするターンテーブルが2種類付属しており、パイロホイルのオートサンプラーにも、試料カップのオートサンプラーにも対応します。また、試料数は最大50検体に対応します。
 
 仕様

APC-50 パイロホイル&試料カップサンプラー
 最大試料数 50検体
 試料導入方式 ターンテーブル式
 試料排出方式 永久磁石による排出
 エアーパージ機構 電磁バルブによるオートパージ機構
 寸法/重量 JHI-08熱分解炉を含んだ設置寸法
175(W)×662(H)×265(D)mm/8Kg

 
 
 
 
JHI-08+オートサンプラーAPC-50を搭載
 
APC-50(パイロホイル用のターンテーブル)
 
  
APC-50(試料カップ用のターンテーブル) 
 
APC-50(パイロホイル用のターンテーブル)
 
  
APC-50(試料カップ用のターンテーブル) 

オートサンプラー APS-50
 
パイロホイル専用のオートサンプラーです。
  JHI-08の加熱炉上部に取り付ける事ができます。
 
専用のホイルマガジン。パイロホイルを50個セット可能
 

 仕様

APS-50 パイロホイルサンプラー
 最大試料数 50検体
 試料導入方式 ホイルマガジン式
 試料排出方式 永久磁石による排出
 エアーパージ機構 電磁バルブによるオートパージ機構
 寸法/重量 JHI-08熱分解炉を含んだ設置寸法
275(W)×612(H)×272(D)mm/6Kg

 
 
 
オートサンプラー APS-50
 
 
JHI-08+オートサンプラーAPS-50を搭載
 
オートサンプラー APS-50
 
パイロホイル専用のオートサンプラーです。
  JHI-08の加熱炉上部に取り付ける事ができます。
 
専用のホイルマガジン。パイロホイルを50個セット可能
 

 仕様

APS-50 パイロホイルサンプラー
 最大試料数 50検体
 試料導入方式 ホイルマガジン式
 試料排出方式 永久磁石による排出
 エアーパージ機構 電磁バルブによるオートパージ機構
 寸法/重量 JHI-08熱分解炉を含んだ設置寸法
275(W)×612(H)×272(D)mm/6Kg

 
 
 
オートサンプラー APS-50
 
 
JHI-08+オートサンプラーAPS-50を搭載
 

キューリーポイントパイロライザー

 
 ハイブリッドパイロライザー
JHI-08 

 

 AUTOハイブリッドパイロライザ

 

 
マニュアルモデル
 
オートモデル