JHP-5

JHP-5

キューリーポイントパイロライザー 【マニュアルタイプ】

キューリーポイントパイロライザー 【マニュアルタイプ】

概要
パイロホイルを使用するキューリーポイント型の熱分解装置です。
多量の試料(秤量しやすい量)を熱分解しても、再現性のあるパイログラムが得られることから、高分子分析、農学、地学及び犯罪科学分野などで不可欠の装置となっております。
2000台の納入実績がその実力を証明しています。
 
特長
オーブン温度は最高400℃を実現し、高沸点成分まで高感度分析が可能です。
小型軽量化を実現しました。
流路を不活性化し、シンプルな流路です。
試料管の交換が簡単な構造です。
加硫ゴム、エンジニアリングプラスチック、ナイロンなどの溶媒に不溶な試料でも、溶媒に溶かすことなくそのまま分析できます。
高周波利用設備申請書の提出は不要です。

 

概要
パイロホイルを使用するキューリーポイント型の熱分解装置です。
多量の試料(秤量しやすい量)を熱分解しても、再現性のあるパイログラムが得られることから、高分子分析、農学、地学及び犯罪科学分野などで不可欠の装置となっております。
2000台の納入実績がその実力を証明しています。
 
特長
オーブン温度は最高400℃を実現し、高沸点成分まで高感度分析が可能です。
小型軽量化を実現しました。
流路を不活性化し、シンプルな流路です。
試料管の交換が簡単な構造です。
加硫ゴム、エンジニアリングプラスチック、ナイロンなどの溶媒に不溶な試料でも、溶媒に溶かすことなくそのまま分析できます。
高周波利用設備申請書の提出は不要です。

ポリエチレンのパイログラム
(クリックで
拡大表示)

オーブン最高使用温度の上昇に伴い、より高沸点成分の測定が可能になった。
上図は高密度ポリエチレンを740℃で熱分解して得られたパイログラムである。炭素数80までのオレフィンの測定が可能となった。

 
ポリスチレンのパイログラム
(クリックで
拡大表示)

ポリスチレンGPを590℃で熱分解をおこなった。スチレンの4量体の領域では、4個のピークが検出された。
この分析に供したカラムは、通常のGC/MS分析によく使われるものであるが、スチレンの5量体まで検出することができた。
 
 
 
 

装置仕様

装置仕様

 

JHP-5
 加熱方式  高周波誘導加熱方式
 熱分解時間  1秒~99時間
 高周波出力  600kHz、48W
 ホイル排出方式  電磁石による排出 
 流路切替  三方電磁バルブ(キャリアガス用)
 プローブ寸法・質量  90(W)×280(H)×160(D)mm・2.5Kg
 コントローラー部寸法・質量  160(W)×250(H)×380(D)mm・8Kg
 電源  AC100V~240V 5A
 対応GC  国内外で販売されているGCのほとんどすべて

 
 

 

JHP-5
 加熱方式 高周波誘導加熱方式
 熱分解時間 1秒~99時間
 高周波出力 600kHz、48W
 ホイル排出方式 電磁石による排出 
 流路切替 三方電磁バルブ
(キャリアガス用)
 プローブ寸法・質量 90(W)×280(H)×1608(D)mm・2.5Kg
 コントローラー部寸法・質量 160(W)×250(H)×380(D)mm・8Kg
 電源 AC100V~240V 5A
 対応GC 国外で販売されているGCのほとんどすべて

キューリーポイントパイロライザー

 
 ハイブリッドパイロライザー
JHI-08 
 
マニュアルモデル
 
オートモデル