top_logo.jpg



JPS-900

パイロホイルサンプラー 【オートタイプ】

分析操作の自動化はもちろん、容易にリアルなデータを蓄積することができます
-特長-
コントローラ部を一新
操作パネルは5.7インチLCDディスプレイを採用。分析メソッドの設定・ガスフローコントロールはすべてタッチパネルで設定可能です。
最大40検体までのサンプルをセットすることができます。
オーブン温度を最高400℃まで設定できます。
ルーチン分析が大幅に省力化されます。
秤量した試料(加硫ゴム等)を簡単にパイロホイルに包み込めますので、絶対定量分析ができる装置です
マニュアル法よりもより信頼できるパイログラムが確実に得られます。
加硫ゴム、エンジニアリングプラスチック、ナイロンなどの溶媒に不溶な試料でも、溶媒に溶かすことなくそのまま分析できます。
秤量しやすい試料量で、再現性よく分析ができます。
国内外すべてのGC及びGC/MSに接続が可能です。
高周波利用設備申請書の提出は不要です。

jps900_1.jpg

jps900_2.jpg

JPS-900の再現性
比較的極性の高いアクリル樹脂を590℃で熱分解し、そのモノマーの変動係数を求めました。
CV値3%以内の再現性で分析することができました。

(クリックでkakudai..gif拡大表示)
jps700_2.jpg

jps700_3.jpg

(クリックでkakudai..gif拡大表示)

仕様


GCプローブ部
最大試料処理数 40点
ホイル導入方式 ホイルマガジン式
ホイル排出方式 電磁石による排出 
エアパージ機構 2箇所設置
エアプランジャ 2基、乾燥空気0.4MPa以上
オーブン温度 最高使用温度400℃、常温温度300℃以下
ニードルヒーター 最高使用温度350℃、常温温度300℃以下
GCアダプタ 国内外販売GCのほとんど全てに接続可能
寸法 254(W)×780(H)×250(D)mm
質量 6.5kg
電源 コントローラ部から供給


コントローラ部
加熱方式 高周波誘導加熱方式
出力信号 GC/スタート信号
操作パネル 5.7インチLCDタッチパネル
熱分解時間 1秒~999時間
LCDタッチパネルでの操作・設定
分析インターバル LCDタッチパネルでの操作・設定
パージバルブ LCDタッチパネルでの操作・設定
ヒーターコントロール オーブンヒータ、ニードルヒータ
LCDタッチパネルでの操作・設定 
寸法 180(W)×390(H)×450(D)mm
質量 15kg
電源 AC85~240V、800VA(MAX)