top_logo.jpg



JHI-07new_icon_b.gif

世界初!ハイブリッドパイロライザー

キューリーポイント加熱方式と抵抗加熱炉方式のHybrid熱分解装置です。
従来のキューリーポイント加熱方式(高周波誘導加熱方式)で簡便に通常熱分解導入ができる他、EGA分析が可能となりました。また、再分析用捕集セットを用いて導入した試料をスプリッターで2分割し、一部はカラムへ、残りは再分析用捕集管にも捕集できます。
EGA分析で得られた未知ピークも、これで再捕集した後にJCI-55を用いてGCへ導入し、をカラム分離して組成分析ができます。


【特徴】
allow_b.jpg 従来から定評のあるパイロホイルによる熱分解-GC分析ができます。

allow_b.jpg 熱分解及びEGA分析で試料室となる試料管は、その都度交換できますので熱分解等によって生じるタール成分などを分析系に残留させません。

allow_b.jpg ボタン操作一つで分析方法が選択/実行。
EGA RGB.jpg

allow_b.jpg 再分析用捕集管セットで、EGA分析で確認した未知の組成ピークの成分を捕集できます。その後、JCI-55を用いGCに導入し、カラム分離し詳細の分析が可能となります。
GC.jpg





JHI全体.jpg




allow_b.jpg GC/MS上の熱分解プローブを撤去せずに後ろ側にスライドさせるだけで、マイクロシリンジで液打ちができます。JHI_1.jpg

allow_b.jpg カラム入口冷却装置(特別付属品、CIC-07)を使用し、低分子の発生ガスをカラム入口に冷却トラップ/リリースすることができます。
CIC.jpg

-仕様-

 プローブ キューリーポイント熱分解(CP-Py)部
   加熱方式     キューリーポイント加熱方式
   熱分解(加熱)時間     1秒~99.9秒
   試料導入方式     試料を包含したパイロホイルの重力落下式
  熱分解温度

    パイロホイルを選択することで試料の熱分解/加熱温度が
    選択できます。温度範囲:160℃~1040℃

  試料管用ニードル     外径0.64mm×70mm、不動態化処理済  
  試料管材質     アルミナ製
  寸法/重量     W120×H328×D121mm/2kg

 プローブ 加熱炉熱分解(F-Py)部
   加熱方式     抵抗加熱方式
   ヒーター     筒状セラミックヒーター
   試料導入方式     試料カップによる重力落下式、
    又は、手動による試料カップの上下移動方式
  熱分解温度     40℃~800℃(1℃毎)/
   加熱炉冷却方式     空気よる強制空冷、入口圧500kpaでの冷却時間は、
    800℃→100℃で7分以内
  昇温速度     最大600℃/min(F-Pyモード時)
  EGAプログラム時間     0.1分~999.9分 
  試料管用ニードル     外径0.64mm×70mm
  試料管材質     アルミナ製 
  寸法/重量     W120×H328×D121mm/2kg 

キュリーポイントインジェクター JCI-55 (オプション)
  用途     JHI-07での分析中に再分析したい目的のピークをmini-PAT
    に捕集しておけば、JCI-55を使って目的のピークの再分析が
    可能となります。
  加熱方式、加熱時間     キューリーポイント加熱方式 48W/5秒、10秒、15秒

   試料管     石英製(外径5.5mm×長さ42mm)

  高周波電源     高周波出力:48W/落下センサー内臓 
  キャリアーガス     GC/JHIの流路切り替えバルブ内臓 
   寸法/重量/電源     W180×H390×D500mm/16kg
    100~220V、500VA(Max)


再分析用捕集管セット (オプション)
  製品構成     カラム入口での分岐コネクター、流路抵抗管
   1ml(100kpaで2.5ml/min)及び捕集管アダプター
   再分析方式     この捕集管セットを使用するとカラム入口直前で2分割
   (第二スプリッター)され、 一部はカラムへ導入
    残りは再分析用捕集管に捕集することができます。
    捕集管は、JCI-22/55又は加熱脱着装置を使うことで再分析が可能
    となります。
   捕集管     JCI-22/55用mini-PAT 加熱脱着装置用捕集管
   再分析に必要な装置     JCI-22又はJCI-55  加熱脱着装置(JTD-505シリーズ等)


カラム入口冷却装置 (オプション)
  冷却達成温度    -20℃~-170℃で制御可能
   デフロスト機構    圧搾空気によるデフロスト
   冷却可能カラム      外形0.5mm以下のキャピラリーカラム
   電源      100~220V、300VA(Max) 
   適用機種      汎用GCであれば全て接続可能
     (但し、GCオーブン上部に冷却器がセットできること)
   製品構成      20Lデュワー瓶、液体窒素用サイホン及び冷却器