top_logo.jpg






毎年ご好評頂いておりますJAIセミナーを今秋も2会場で開催いたします。参加費無料.ai
弊社装置のユーザー様より講師をお招きし、分析事例や応用例をご紹介いただきます。
また、製品展示もございます。参加費は無料ですので、ぜひご参加ください。
なお、席数に限りがございますので、お早めにお申し込みください。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

※東京会場は、昨年と同じ半日開催となりますので、併せてご案内させていただきます。

▼ お申し込みはこちらから 下記の「お申し込み」アイコンをクリックしてください。
お申し込みはこちらから.jpg


【日時】2017年11月22日(水)13:00~17:00
   (受付開始 12:15~)
【会場】大手町サンスカイルーム 27F
    東京都千代田区大手町2-6-1
    朝日生命大手町ビル27F LinkIcon地図
【定員】150名

  タイムスケジュール
13:00~13:10   ご挨拶
13:10~14:00  加熱脱着装置及び熱分解装置を用いた分析条件の検討事例
 日立化成テクノサービス株式会社  長 貴之 様  
14:00~14:10   休憩
14:10~15:00  大環状分子の構造有機化学から探る新しい科学
 東京大学 大学院理学系研究科 教授 磯部 寛之 様
15:00~15:20   休憩
15:20~16:10  ポリウレタン材料の組成分析
-クラシカルな分析方法から機器分析へ-
 
 米森技術士事務所(元旭硝子株式会社) 代表 米森 重明 様
16:10~16:30
最新アプリケーション紹介
日本分析工業株式会社

16:30~17:00
  質疑応答


日時】2017年12月1日(金)13:00~17:00
   (受付開始 12:15~)
【会場】ブリーゼプラザ
    大阪市北区梅田2-4-9
    ブリーゼタワー8階LinkIcon地図
【定員】50名

  タイムスケジュール
13:00~13:10   ご挨拶
13:10~14:00  加熱脱着装置及び熱分解装置を用いた分析条件の検討事例
 日立化成テクノサービス株式会社  長 貴之 様  
14:00~14:10   休憩
14:10~15:00  大環状分子の構造有機化学から探る新しい科学
 東京大学 大学院理学系研究科 教授 磯部 寛之 様
15:00~15:20   休憩
15:20~16:10 ポリウレタン材料の組成分析
-クラシカルな分析方法から機器分析へ-
 
 米森技術士事務所(元旭硝子株式会社) 米森 重明 様
16:10~16:30
最新アプリケーション紹介
日本分析工業株式会社

16:30~17:00   質疑応答


企業・大学・講師 講演タイトル 講演要旨
日立化成テクノサービス株式会社
分析センタ 分析部 解析グループ
長 貴之 様
加熱脱着装置及び熱分解装置を用いた分析条件の検討事例


GC/MSは電子材料・機能性材料ならびに環境規制物質・VOCを測定する際に不可欠な装置となっています。分析対象物や目的によって適切な分析を行うためには、試料導入装置の選択と分析条件の最適化が重要になります。 今回は、液状エポキシ樹脂の加熱成形時に発生するガス量を評価するために、加熱脱着装置(ダイナミックヘッドスペース)の条件を検討した事例を紹介します。この事例では、低沸点のメタノールから沸点300℃以上と推定されるオリゴマーの定量分析が可能になりました。また、身近な製品を分析した事例としてEGA-MS及び熱分解GC/MSによるマスカラ構成成分の比較結果も紹介します。
 
東京大学 大学院理学系研究科  
教授 磯部 寛之 様



大環状分子の構造有機化学から探る新しい科学







芳香族分子を輪状に連ねた分子には思いがけない不思議が隠されている。本講演では、最近、私たちが見つけてきた大環状芳香族分子の新しい姿と活躍の場について紹介する。



 
米森技術士事務所
(元旭硝子株式会社)
代表 米森 重明 様



ポリウレタン材料の組成分析
-クラシカルな分析方法から機器分析へ-







ポリウレタン材料の原料の一種であるポリエーテルポリオールを主に取り上げて、クラシカルな分析方法から種々の分析機器を用いた分析方法へ進展してきた状況やその活用例を紹介する。また、元企業分析屋として考えていることなども述べてみたい。



 



254th.jpg