top_logo.jpg



冷凍粉砕機(凍結粉砕機)は、右図のようにタングステンカーバイド製の鋼球と試料の入った試料容器を粉砕ロッドに装着した後、粉砕ロッドを本体に装着し試料容器全体を液体窒素中に浸します。そして試料および鋼球を十分に冷却した後、粉砕ロッドを上下往復運動させることによって、試料容器内部の鋼球を運動させて試料を粉砕することができます。

-特長-
・プラスチック・ゴムなどのすべてのポリマーを液体窒素中で粉砕することができます。
・高分子添加剤分析や、ポリマーのアウトガス分析、天然物・生体成分などの試料前処理装置として最適です。
・液体窒素の消費量が少なくて経済的です。
・試料容器をステンレス製(標準)、クロムレスのチタン製(オプション)を準備しています。
・微粉末化することによって、高分解能な固定NMRスペクトル測定ができるようになります。
・加硫ゴムでも本機でKBrと共に粉砕し錠剤化すると、IR測定が可能となります。

jfc_1.jpg
内部構造

jfc_2.jpg
粉砕粒子径分布
標準的なポリマーとしてポリアセタールを選び、標準の粉砕条件(予備冷却10分間後、10分間粉砕)で粉砕を行った後、その粒子径分布を測定した結果です。


jfc_3.jpg
粉砕後のサンプルのイメージ

title.gif
 日本分析工業株式会社
 〒190-1213
 東京都西多摩郡瑞穂町武蔵208
 TEL 042-557-2331 FAX 042-557-1892