HOME | 製品情報 | 冷凍粉砕機

  製品一覧


JFC-2000


冷凍粉砕機とは

冷凍粉砕機とは

冷凍粉砕機(凍結粉砕機)は、右図のようにタングステンカーバイド製の鋼球と試料の入った試料容器を粉砕ロッドに装着した後、粉砕ロッドを本体に装着し試料容器全体を液体窒素中に浸します。そして試料および鋼球を十分に冷却した後、粉砕ロッドを上下往復運動させることによって、試料容器内部の鋼球を運動させて試料を粉砕することができます。

特長
プラスチック・ゴムなどのポリマーを凍結し粉砕することができます。
高分子添加剤分析や、ポリマーのアウトガス分析、天然物・生体成分などの試料前処理装置として最適です。

液体窒素の消費量が少なくて経済的です。
試料容器はステンレス製(標準)、クロムレスのチタン製(オプション)を準備しています。
微粉末化することによって、高分解能な固定NMRスペクトル測定ができるようになります。
加硫ゴムでも本機でKBrと共に粉砕し錠剤化すると、IR測定が可能となります。

      内部構造         
  
 

 -標準容器で粉砕可能なポリマーとその量の事例-

 ポリマーの種類 粉砕可能量
JFC-400 JFC-2000
PS、HIPS、LDPE、PP、PMMA、
EVA、ABS、P(S-AN)、Nylon6、
NylonMXD6(K₂TiO₃,30%)、
PPS、PPS(Galss Fiber,40%)、
ポリアセタール、硬質PVC、PTFE、
PEEK、シリコーンゴム、軟質PVC、
プリント基板、加硫IIR、セルローズ、
ダイヤなど
12mL
試料容器
75mL
試料容器
120mL
試料容器
3g 15g
50g
HDPE、PCなど 1.5g
7.5g 25g

※標準的な粉砕条件 (予備冷却10分間後、10分間粉砕) で粉砕した場合
※上記に記載したポリマーでも、粉砕できないものもございます。
 事前にテスト粉砕をお勧めいたします。

 -標準容器で粉砕可能なポリマーとその量の事例-

 ポリマーの種類 粉砕可能量
JFC-400 JFC-2000
PS、HIPS、LDPE、PP、PMMA、
EVA、ABS、P(S-AN)、Nylon6、
NylonMXD6(K₂TiO₃,30%)、
PPS、PPS(Galss Fiber,40%)、
ポリアセタール、硬質PVC、PTFE、
PEEK、シリコーンゴム、軟質PVC、
プリント基板、加硫IIR、セルローズ、
ダイヤなど
12mL
試料容器
75mL
試料容器
120mL
試料容器
3g 15g
50g
HDPE、PCなど 1.5g
7.5g 25g

※標準的な粉砕条件 (予備冷却10分間後、10分間粉砕) で粉砕した場合
※上記に記載したポリマーでも、粉砕できないものもございます。
 事前にテスト粉砕をお勧めいたします。

  粉砕後のサンプルのイメージ
 
粉砕粒子径分布
      
        
標準的なポリマーとしてポリアセタールを選び、標準の粉砕条件(予備冷却10分間後、10分間粉砕)で粉砕を行った後、その粒子径分布を測定した結果です。