top_logo.jpg



JTD-505MIII

マニュアルタイプ

概要
JTD-505Ⅲのマニュアルタイプです。試料管を1本づつ加熱脱着-GC/MS分析することができます。JTD-505Ⅲのオート版にバーションUPすることが可能です。
使用している試料管等はすべてJTD-505Ⅲと同様です。

特長
allow_b.jpg 低~高沸点成分まで広範囲に高感度分析が可能
allow_b.jpg GCへの導入はキューリーポイント加熱方式を採用
allow_b.jpg 業界最大容量試料管を採用。多量大気捕集が可能
allow_b.jpg 小物部品(ペレット材料等)直接試料管に導入可能
allow_b.jpg 2段スプリットで、捕集ガス量に応じた感度調整が可能
allow_b.jpg 分析条件のメソッド化で、再現性の良い分析が可能
allow_b.jpg どのメーカのGCにも接続が可能

jtd_4.jpg
jtd_5.jpg

-仕様-


JTD-505III  JTD-505MIII
 デバイス部  
   PAT加熱脱着部     0℃~350℃(液体窒素による冷却、抵抗加熱方式)  ※1
   トランスファーライン部      室温+10℃~300℃(抵抗加熱方式) 金属キャピラリー管  
   SAT加熱脱着部      キューリーポイント加熱方式(標準:280℃)
   SAT      石英管(パイロホイル装填品) TenaxTA入  
   SAT冷却      -100℃~室温(液体窒素による冷却)  
   SATオーブン      室温+10℃~230℃(抵抗加熱方式) 
   ニードル部      室温+10℃~300℃(抵抗加熱方式)  
   GC接続方法     カラム直結方式 又はインジェクター使用  
   寸法・質量      255(W)×210(H)×105(D)mm 3kg  
 ローダー部(搬送部)  
   PATラック 装着本数最大15本+1本(ホームポジション設定用)
   PAT架台  モーター駆動
   PAT導入エアプランジャ  圧搾空気0.5
   寸法・質量  670(W)×200(H)×760(D)mm 14.3kg  
 コントローラ部  
   タッチ式操作パネル     各部の温調、流量、バルブ切り替えなどの設定  
   寸法・質量       350(W)×220(H)×500(D)mm 14.3kg    
   電源      AC100V  50/60Hz  15A(サービスコンセント8A含む)  
 フローコントローラ  
   高周波電源      600KHz 48W  
   内容      スプリット用バルブ 調圧器内蔵  
   寸法・質量     350(W)×180(H)×500(D)mm 15.2kg 
 液体窒素ジュワー瓶及びサイホン  
   液体窒素ジュワー瓶   内容積50L(シーベル型) 内容積20L(シーベル型) 
   寸法・質量 (外径)460(W)×930(H)mm 24.8kg (外径)390(W)×650(H)mm 9.2kg 
   サイホン  長さ1000mm 長さ800mm
 標準付属品   
   PAT(TenaxGR入) 3本  1本 
   PAT(空)  3本  1本 
   PATホルダ  16個  - 
   PATマニュアルホルダ  1個 2個 
   PATキャップ 15個  - 
   ニードルヒータ  1組
   GCアダ 1組
   ケーブル類  1式
   配管類  1組
   工具  1組
   取扱説明書  1冊
   サンプリングキット  1組
オプション オーバーヒート防止装置 ※2  
   温度センサー       4個 
   電源      15A 感度電流30mA ・ 緊急停止スイッチ付  
   寸法・質量     350(W)×170(H)×500(D)mm ・ 8kg 

※1 実際には、60℃以上に設定します。(0℃~+60℃の間に設定することは可能ですが、この温度範囲ですと実行温度のバラツキが大きく、完全な温度制御はできません。)また、室温より低温で捕集し、オートサンプラー(JTD-505III)を使用する場合、一次トラップ管(PAT)の分析待機中(トレイに設置されている状態)の温度を考えると有効とは言えません。

※2 加熱制御部分の故障などにより温度暴走が起こった場合、独立した温度検出により設定温度以上になると主電源を遮断する装置です。ただし、JTD-505IIIの制御ソフトには、標準装備として最高温度を設定することができるようになっていますので、必ず付属すべきものではありません。