HOME | 製品情報 | 熱分解装置 | パイロホイル

パイロホイル

 パイロライザーの熱源 160℃~1040℃まで21種類

パイロホイル
 パイロライザーの熱源 160℃~1040℃まで21種類

 

概要
キューリーポイントパイロライザの熱源となるのは、強磁性体のパイロホイルです。
キューリーポイントを応用した誘導加熱によるパルス加熱法で、サンプルを包むパイロホイルを瞬時に任意の熱分解温度まで到達させることができます。
 
特長
160℃~1040℃まで、21種類のパイロホイルを準備しております。熱分解温度の変更は、パイロホイルを変更するだけですみ、加熱炉型のように時間を要しません。
強磁性体は、誘導加熱されると急速に発熱して磁性転移点(キューリーポイント)でその磁性を失い、一定温度になります。このキューリーポイントは金属の組成で一義的に決まり、変動はありません。この強磁性体を熱源とし、試料をこの金属に密着させて熱分解します。
 
※パイロホイル自体は、磁力を発しません。
※ゴーストピークが多い場合は、洗浄 ・焼き出し等の処理をしてからご使用下さい。
 

パイロホイル
 カタログ
番号
熱分解
温度℃
カタログ
番号
熱分解
温度℃
F1040 1040 F423 423
F920 920 F386 386
F764 764 F358 358
F740 740 F333 333
F670 670 F315 315
F650 650 F280 280
F590 590 F255 255
F500 500 F235 235
F485 485 F220 220
F445  445  F170 170
    F160 160
 
 

ホイルクリンパ
幅9mmのパイロホイルをコの字型に折ると同時に、試料をのせる窪みを付ける付属品です。

 
 
 
 

概要
キューリーポイントパイロライザの熱源となるのは、強磁性体のパイロホイルです。
キューリーポイントを応用した誘導加熱によるパルス加熱法で、サンプルを包むパイロホイルを瞬時に任意の熱分解温度まで到達させることができます。
 
特長
160℃~1040℃まで、21種類のパイロホイルを準備しております。熱分解温度の変更は、パイロホイルを変更するだけで済、加熱炉型のように時間を要しません。
強磁性体は、誘導加熱されると急速に発熱して磁性転移点(キューリーポイント)でその磁性を失い、一定温度になります。このキューリーポイントは金属の組成で一義的に決まり、変動はありません。この強磁性体を熱源とし、試料をこの金属に密着させて熱分解します。
※パイロホイル自体は、磁力を発しません。
※ゴーストピークが多い場合は、洗浄 ・焼き出し等の処理をしてからご使用下さい。
 
 

パイロホイル

 カタログ
番号
熱分解
温度℃
カタログ
番号
熱分解
温度℃
F1040 1040 F423 423
F920 920 F386 386
F764 764 F358 358
F740 740 F333 333
F670 670 F315 315
F650 650 F280 280
F590 590 F255 255
F500 500 F235 235
F485 485 F220 220
F445  445  F170 170
    F160 160
 
  
  

 ホイルクリンパ
幅9mmのパイロホイルをコの字型に折ると同時に、試料をのせる窪みを付ける付属品です。

 
 
   

 
 

キューリーポイントインジェクター 

 
 マニュアルモデル
JCI-55 
 
オートモデル
 
簡易型ガス捕集装置

 

 

 

キューリーポイントパイロライザー

 
 ハイブリッドパイロライザー
JHI-08 
 
マニュアルモデル
 
オートモデル